So-net無料ブログ作成

木城町 「福智王母と”再会”比木神社が大年下り」 [木城町]







木城町・比木神社(橋口清文宮司)の「大年下り」は

同町と高鍋町でこのほどあった。


同神社に祭られる百済王族・福智王の御神体を

伴った一行が両町内を回りながら、

高鍋町・大年神社に祭られる母・之伎野妃を訪ねた。


大年下りは両町などに残る百済王伝説に基づく行事で、

毎年11月4日に行われる。


袋で覆われた姿から「袋神さん」と親しまれる御神体を伴った 一行が、

早朝から夕方まで1日かけて両町の計16ヶ所の

御旅所を訪問。


各地で神事を行って五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全を祈り、

地域住民が食事を用意するなどしてもてなした。


大年神社がある高鍋町鴫野地区では、

海岸から昔の参道を通って同神社へ。


”再会”すると母心から神社の物がなくなって

しまうんどの言い伝えから、

息子は神社の中に入れないため、

鳥居の外にある「比木大神」に

御神体を納め、

浜で拾った石を供えた。


境内では地域住民による踊りの披露などもあった。

同地区の養鶏業・森精一さん(57)は

「行事の日のたびに長く続いてきた

歴史の重みを感じる。


大切に残していきたい」と話した。


(宮崎日日新聞 11月24日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。