So-net無料ブログ作成

宮崎市 台湾生徒と異文化交流 [宮崎市]






 宮崎市の宮崎大宮高(西立野康弘校長、1258人)は18日、

台湾の高校に当たる高雄高級中の1、2年生28人を迎えて交流会を開きました。

同高からは文化情報科の1年生42人が参加しました。

学校紹介や討論会などで交流しました。

 体育館での歓迎式では、同高が合唱を披露し、日本文化や学校行事を

英語で紹介しました。高雄高級中も台湾や高雄市の風土を

説明する動画を放映し、合唱で応えました。

その後、10班に分かれて学校案内や討論会を実施しています。

生徒らは「好きな教科は」「海外にいった経験は」などと

積極的に英語で会話しながら、異文化に理解を深めました。

 同高1年の野中すずさん(15)は「台湾を身近に感じるいい機会になった。

英語力をもっと磨きたい」、高雄高級中の陸家震さん(16)は

「日本の食文化に興味があり、参加した。

大宮高の生徒は礼儀正しい」と話していました。

 同高は文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)の指定を受け1年目です。

世界で活躍する人材の育成を推進し、来年3月には同高生徒が

高雄高級中を訪問する予定です。

(宮崎日日新聞 9月25日 抜粋)






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 宮崎の気になる新聞記事特集! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
イオンの株主優待

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。